ダイエットでよくある失敗事例

ダイエットで失敗しないために!

どうにかして痩せたい・・・でもうまくいかない!

女性にとってキレイなスタイルになることは、絶対に手に入れたいものの1つですですよね。

 

それなのに何度挑戦してもうまくいかないのがダイエット。きっともっといい方法があるはずと、私もたくさんの情報を調べた結果、いろんな方法がありすぎて結局どれをやったらいいのかわからない。

 

結局、いつもの食事制限をやってみてはちょっと体重が減って、ストレスが溜まってドカ食いしてリバウンド。今まで私は何をやっていたのだろうと思ってしまいますよね。

 

これまで私がいくつかのダイエットに挑戦してみて思ったのは、やっぱり自分に合ったやり方が大切ってことです。

 

例えば、学生時代や過去さかのぼってまったく運動らしいものをしたことがないのに、痩せるために毎日ウォーキング1時間!と意気込んでも失敗に終わる可能性が高いわけです。

 

そして、甘いものが大好きで太っている人が甘いものをやめてダイエットをして目標を達成しても、そのご褒美に結局甘いものをたくさん食べるはずなので、いずれリバウンドしてしまうことはなんとなく予測できますよね。

 

つまり、自分の性格にあった方法が一番なわけですが、それをここで紹介するのは簡単ではありません。

 

そこで、いろんな方のダイエット失敗経験を集めることで、これらの経験談を参考にすれば、正しいやり方や自分にあったやり方がわからなくても、きっと選択肢を狭めることができるはずだと考え、できるだけ集めてみることにしました。

 

これからダイエットを始めたいけど、どんなやり方がいいか迷っているという方は、1つでも選択肢を消して自分に合うであろう方向に進めることを期待しています。

最近は自分の裸を客観的にみることがなかったのですが、家族旅行で温泉に行ったときに脱衣所にある全身が移る鏡で自分の全裸を見た時に、とてつもないショックを受けました。

 

自分でも体重が5年前より10キロぐらい増えていることには気がついていましたが、その当時があまりにも細すぎていたので今は標準ぐらいで大丈夫かな〜と暴飲を繰り返していました。

 

でも、私は、胃腸がもともと弱いらしいのも重なって食事の量は食べられない中、いわゆる水太りをしていきました。

 

それに加え、運動も苦手なので自然と運動不足になり新陳代謝も年齢とともにどんどん落ちて行き、気が付けば丸みを帯びた自分の姿があったのです。

 

私は、自分に自信を無くしかけました。

 

こんなおばさんスタイルのままだと旦那から女性として見られなくなりそうな気もしてさすがに焦りました。

 

絶対に痩せてスタイルだけでも綺麗にならないと幻滅されるだけだと悩みダイエットを開始しました。

前に働いた職場が私には結構きつく、体調を崩してしまい退職することになりました。

 

しばらくの間は休養のために家にいたのですが、家にいる時間が増えてきて太ったといわれるようになり、ダイエットをすることにしました。

 

私は昔から下半身にばかりに脂肪がつきやすいタイプで、服を着てしまえば痩せていると言われる方だったので調子に乗っていたのは確かでした。

 

そして最近、動画サイトで見た「踊ってみた」みたいな動画を見たとき、同年代の女の子が結構なミニスカート姿で踊っているのを見て羨ましくなりました。

 

自分も無意識のうちに下半身が太っているのを気にしてダボダボのズボンを履いたり、太ももが見えないように長めのズボンやスカートを履いていることに気がつきました。

 

私も動画にでている子たちみたいに、足を出してもカワイイと思われるようなファッションをしたいと思いました。

学生のころは自分の体型が子供っぽいことは自覚はしていましたが、周りにもそれほど大人っぽい人がいるわけではなかったのでそれほど気にはしていませんでした。

 

でも、社会人になってからというもの、周りの友達も大人っぽくなってきて、自分が幼児体型なことをちょっと気にするようになりました。

 

ある程度の年齢になると、好きな服の子のみもちょっと大人っぽいのが可愛いなと思うようになったのですが、試着してみるとお腹回りだけぴったりしすぎて全く似合いませんでした。

 

私の場合は足は人並みくらいなのにお腹だけポッコリしていて、お腹さえ小さくなれば好きな服も着れるし、お腹を隠すような服ばかりだとやっぱり子供っぽくなってしまうので、シャツをインしてベルトを見せるようなスリムなファッションをしたくて痩せる決意をしました。

 

タイトなスカートはお腹が乗ってしまうし、ゆったりした服を着ると妊婦さんのようになってしまうし、何を着ても自分自身納得ができなくて、これはなんとかしないとと若干あせっていたのもありました。

 

会社の友達はやせてて可愛い子が多いので余計気になるようになり、服選びも大変になりました。

お正月に食べ過ぎて、ぶくぶく太ってしまった私。お正月が終わった頃に友達と会おうとお気に入りのデニムを履こうとしたら、太ももはびっちびち!

 

お腹はぶよぶよでウエストのボタンが閉じない!無理矢理何とかボタンをはめたものの、足を動かすたびにデニムがギギギと音を立てそうな履き心地。

 

ボトムにボーダーのニットを着たら二の腕はレスラー並の筋肉。(正確には脂肪)

 

肩幅はオリンピック競泳選手のようなたくましさに、顔はまんじゅうみたいにまん丸!ショックでショックで絶対に痩せなくちゃ!と決意しました。

 

友人にも「どした?なんか去年と別人だけど(笑)なんか薬の副作用とか?(笑)」と冷笑されてしまったので、さすがにダイエットを決意しました。


ホーム RSS購読 サイトマップ